2007年12月16日

ブレイクタイム 何でもちつきをするの?!


詳しく知りたいなら、管理人が運営しているお受験の合格テクニック


 おはようございます。さすがとこの時間は寒いですたらーっ(汗)

12月7日のブログで、『もちつき』について触れました。そこで、もちつきの意義は何かをお教えします。(と言うか私も昨日教えて頂きましたので・・・わーい(嬉しい顔)

1 山からおりてきた神に、その土地で収穫されたお米を使い、お餅を付いて、捧げることによって感謝の意を示す。

2 収穫に携わった人たちで食べながら、その喜びを分かち合う。

3 山の神に、来年もおりてきて見守ってもらうよう、願いをこめる。

 『日本には、餅に神が宿っていると考えられていたから古くから餅を食べる習慣があった。』ということです。




 もちつきにもこんな意味があるなんて・・・。奥深いです。
お受験でも、季節の問題等でもちつきやお正月、お月見などなどの出題があります。
ただ単にペーパー上で、『もちつきは冬にやるのよ!』と教えただけでは子供も印象に残らないと思います。
実際に体験できると良いと思いますし、『その意義』を知ることによって更に理解が深まると思います。


 私のブログではこのような事も随時皆様にご提供していきたいと考えておりますひらめき
タグ:お正月
posted by さぼさぼマン at 07:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | お正月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

ブレイクタイム おせち料理って何だっけ?!


詳しく知りたいなら、管理人が運営しているお受験の合格テクニック


 久々の雨で、とっても寒いですあせあせ(飛び散る汗)

 おとといのブログで、おせち料理の事を書きました。まだお読みで無い方は是非読んで頂けるとよろしいかと思います。
そこでせっかくですからおせち料理について勉強したいと思います。

 まず、おせち料理はどうして重箱につめるのか知っていますか?『めでたさを重ねる』という縁起をかついでのことだそうです。
お受験中の皆様、『来年のお正月のおせち料理は重箱につめて』ですひらめき




 では、何故お正月におせちを食べるのでしょうか?
年が明けるとやってくる年神が大きな音や火が苦手だからです。年神はその年の良し悪しを決める神様とみなされ、丁重にもてなすとその年は良い年になると考えられていました。そこで年末に『おせち』を用意しておき、正月には煮炊きを謹んで静かに過ごさなければならないとされていたのです。

 『おせちの中身』ですが、各地域、家庭によっても若干異なるようですが、典型的なものを下記に示します。

 <この部分に後程、『おせち』の写真をupします。>


 私も『おせち』ってこんな意味があるなんて知りませんでしたふらふら
『おせち』を作りながら、お子様におせちの話をしてあげるとよろしいと思います。
『重箱』につめるのを手伝わせてもよろしいのではないでしょうか目 箸の使い方の練習になりますよかわいい
posted by さぼさぼマン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お正月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

小学校お受験 お正月には凧揚げて〜♪


詳しく知りたいなら、管理人が運営しているお受験の合格テクニック


 寒いですねぇ〜。
昨日、TVを観ていたら、沖縄は真夏日だと言っていました。ビックリですどんっ(衝撃)

 昨日のブログで、『お正月には、お正月の遊びをexclamation×2』と書きました。もし、昨日のブログをお読みで無い方は是非お読みいただけると嬉しいです。

 そのブログを書きながら、ふと『小学受験の神様、T先生』のことを思い出しました。

 T先生をご紹介したのは、10月27日、28日のブログです。こちらもお読みで無い方は是非読んで頂ければと思います。
小学校お受験の為のお奨め本、受験研究社の「有名国立・私立 小学受験合格の秘訣」にT先生の事が書かれていました。




 T先生の親に出す宿題の中に、『凧を作って凧揚げをする。』と言うのがあるのです。
凧を作るとなると作り方がわからない方も多いと思います。

 何故このような宿題を出すのでしょうかexclamation&question
おそらく、『親子で何かをやり遂げる。』というのも一つの目的なのではないかと思います。

 小学校お受験とは、子供だけが頑張ればよいのではありません。
両親も一生懸命子供と共に頑張ったご家庭が必ずや第一志望校に合格するのです。


 T先生はそこを学ばせたいが為に、凧の宿題を出すのではないでしょうか猫

 是非皆様もお正月に凧を作って、お子様と一緒に凧揚げをしてみては如何でしょうか。
我が家も早速凧作りからやってみたいと思いますぴかぴか(新しい)
タグ:お正月
posted by さぼさぼマン at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | お正月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする