2011年05月02日

お受験に躾は、大切ですが当然です


詳しく知りたいなら、管理人が運営しているお受験の合格テクニック


この頃、特に躾が重要と感じます。
強制された躾ではなく内面から出る躾。

実際の私立では、行儀が悪い子は、非常に目立ちます。
からなず、問題児として取り上げられています。
躾を超えて、性格の問題かもしれませんがぁ。

行動が先に出てしまうお子さんの場合は、親はそれなりに覚悟が必要になります。
入学してから、学校側からの連絡が多いことでしょう。

TVのCMでもおなじみですが、ありがとう・おはよう・ごちそうさま。
日常のことから着実に躾を始めましょう。
日常が問題ないようでしたら、まず問題ありません。

こちらの本で、ちょっと気持ちを楽にするのも良いかと思います。
心に留めておくだけでも良いと思いますよ。

【送料無料】「叱らな...

【送料無料】「叱らな...
価格:1,260円(税込、送料別)




タグ:
posted by さぼさぼマン at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

ブレイクタイム  小学校お受験ではお行儀は大切です!


詳しく知りたいなら、管理人が運営しているお受験の合格テクニック


 今、世間では、ボクシングの世界タイトルマッチで反則行為をした選手についての問題が連日大きな話題となっています。

 私は選手の行為をみて、がっかりしたと同時に、親として我が子にはモラルを持った人間に育って欲しいと強く思いました。
その為には、親自身ももっとしっかりとした行動をとらなければと痛感しました。


 もし、実際の試験で、並んでいる前の人を押した、叩いたなどの行為をしてしまったらどうなるのでしょうか?

 おそらく不合格もうやだ〜(悲しい顔)になるでしょう。どんなにペーパーで成績が良くてもまず無理だと思います。

 実際に私立小学校に入学して感じるのは、勉強だけではなく、躾やマナーをかなり重要視しています。人としての教育も重要だと判断しているからでしょう。
 学校説明会などに行くと良く分かりますが、どの私立小学校の生徒さんも来客者には「こんにちは」と挨拶して下さいます。

 実際の私立小学校がこのような教育ですから、躾の行き届いたお子さんが欲しいのは当然です。

 子供ですから時にははしゃぎ過ぎてはめをはずしてしまうこともありますが、要所要所はきちんとした振る舞いが出来なくてはいけません。

 当然のことなのですが、試験を控えていらっしゃるお子様には、「試験の最中はお友達にご迷惑をかけないように。叩いたり、押したりしないように。」と言い聞かせて下さい。

 お受験だからではなく、日頃から秩序やマナーを乱すことはいけないことだと我々大人が手本を見せなければいけないのではないでしょうか・・・。

 僭越ではございますが、今日はこのようなことを書かせていただきました。
posted by さぼさぼマン at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする