2017年12月19日

お受験に関係なく幼児期の子供には、絵本の読み聞かせが反抗期の対策になる?


詳しく知りたいなら、管理人が運営しているお受験の合格テクニック


 お受験では、必ずと言っていいほど読み聞かせは重要なこととして取り上げられています。
 
 読み聞かせをしているのとしていないのとでは、感受性が大きく違うとも言われます。

 また、反抗期などに親が子供に対して絵本の話をすると、ふ〜と幼少期時の甘い思い出が

 脳裏によみがえり瞬間的にでも穏やかになるようです。

 幼少期の思い出は、大人になってもちょっとしたことで思い出し懐かしさがこみ上げてくるものです。

 穏やかな気持ちは、不思議なくらいに心を落ち着かせてくれます。

 読み聞かせる意味は、そんな甘い思い出やお母さんお父さんと会話したことも暗黙知の中に植えてくれるのです。

 絵本から広がる会話や感情。思い。楽しみなど。子供にとって広がりは無限です。
 
 大人も泣けちゃう絵本を子供と一緒に読んで一緒に感動するのもいいでしょう。

 親も子もほっこりする時間を共有することで、さらに愛情は深まります。

posted by さぼさぼマン at 12:36 | Comment(0) | 読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。